吸音材を使って騒音トラブルを軽減!

吸音材を購入してみよう

>

重量床衝撃音を防ぐコツ

隙間なく敷き詰めよう

小さな子供が走り回ったり飛び跳ねたりする音は、カーペット1枚ではまだ足りません。
そこで、2枚敷いてください。
まずは床の上に防音マットを敷き、その上に防音機能のあるカーペットを敷くのが良い方法です。
すると床が柔らかくなり、騒音だけでなく振動も下の階に伝わりにくくなります。

さらに大きな効果を発揮したいなら、隙間を空けないでください。
室内の端から端まで、マットやカーペットを敷き詰めましょう。
隙間があるとそこから振動や騒音が伝わって、敷いている意味がなくなってしまいます。
床全体を覆うように敷くことで、しっかりと防音効果を発揮できます。
そのためには、サイズがピッタリと合うカーペットを用意しなければいけません。

壁から伝わらないように

床の防音対策だけを行って、満足しないでください。
壁から音が漏れて、周囲に迷惑を掛ける可能性があります。
壁の防音性を高くするためには、家具を置きましょう。
背の高い家具を壁にくっ付けて設置すると、音を遮ってくれます。
この機会に、家具の位置を再確認すると良いですね。

部屋で楽器を演奏したり、大きな音で音楽を聞くことが趣味だったりする人は壁の防音対策も必要です。
壁に柔らかいカーペットを貼り付けることも効果を発揮できますが、素人が行うのは大変でしょう。
それよりも、背の高い家具を設置した方が簡単だと思います。
しっかり防音対策をすることで、これまでよりも趣味を満喫できます。
そのために、自分には何ができるのか考えましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る