吸音材を使って騒音トラブルを軽減!

吸音材を購入してみよう

>

カーペットを敷いて対策をする

簡単にできる対策方法

床にカーペットやマットを敷くだけで軽量床衝撃音を吸収してくれるので、防音効果を期待できます。
購入する時は、フェルトの下地が付いていることを確認してください。
それは、特に吸音を吸収できると言われているのでおすすめです。
大きなカーペットを部屋全体に敷くのが難しいなら、せめてイスやテーブルがあるところだけでも敷きましょう。

金属製のスプーンやフォークを落としたり、イスを引いたりするのはテーブルの周辺だと思います。
そこだけでもカーペットが敷いてあれば、騒音が周囲の部屋に聴こえません。
毎日音を出さないように、ゆっくり生活を送るのは精神的に辛いと思います。
早めに吸収材を用意して、ストレスから解放されてください。

お店に行って買いに行こう

家具店やホームセンターで、カーペットを購入できます。
フェルトの下地が付いているカーペットも見つけられるので、必ず確認してください。
できれば、お店に実際に行って判断するのがおすすめです。
今はネットからもカーペットを注文できますし、その方が手軽なので利用したいと思う人がいるでしょう。

しかしネットではカーペットの色や、大きさを自分の目で確認できません。
想像よりも色が濃いものでは、部屋の雰囲気に合いません。
また希望よりも、大きかったり小さかったりするカーペットでは困ります。
買い間違えたというトラブルを避けるために、お店に行って実物を確認しましょう。
希望の商品が売り切れている場合は、取り寄せてもらってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る